幽☆遊☆白書という、お勧めの漫画の簡単な紹介について

さて、今年も、11月が終わりに近づき、12月が近づいてきました。この寒い季節、皆様はいかがお過ごしでしょうか。外は寒く、暇な時間を、家や、漫画喫茶で過ごす人も多いのではないでしょうか。私は、この季節、家で、よく、漫画を読んでいます。

 そこで、今回、お勧めの漫画を紹介いたします。1990年代前半に人気を博した、幽☆遊☆白書です。主人公の浦飯幽助が、子供を助けようとして、車に轢かれて死んでしまうことから話が、始まります。その後、生き返り、霊界探偵として、桑原数馬、蔵馬、飛影と共に、暗黒武術会や、魔界の扉で、妖怪と対決するという話です。

 この漫画の魅力は、登場人物が個性的な点です。浦飯幽助以外の主な登場人物である、桑原数馬とは、浦飯幽助のライバルで、霊感が強く、霊剣を操ります。暗黒武術界でも、霊剣を操り、敵と対決しています。蔵馬は、正体が盗賊の妖怪で、妖力で、植物を操る力があります。暗黒武術界でも、シマネキ草を操っています。飛影は、蔵馬と同じく魔界でも有名な盗賊で、邪眼の力を操る妖怪です。暗黒武術界では、邪眼の力で相手を倒しています。

 暗黒武術会で登場する対戦相手も非常に個性的であり、暇な時間には、よく、読んでしまう漫画の一つです。